『転勤族』の嫁つづり

ねず美にかじられて

『モッツァレラチーズはどこへ消えた?』

自律神経に効く!ストレス社会で生きるには知っておいたほうがいい【2つのツボ】

 

こんにちは。今日もピラティスでみっちりしごかれたねず美です。

 

今日のレッスンで習った【2つのツボ】なのですが、すごく気持ちよかったので詳しく調べてみました。そしたら効果が盛りだくさんでした!

 

ツボの場所も分かりやすく、誰でもすぐにマッサージすることができます!

 

レッスンで行ったとおりのマッサージ方法も書いておきます。

ストレスがたまっている人は必見ですよ!

 

 

 

1.天柱(てんちゅう)

 

ツボの場所

後頭部を両手でおおう様に組むと、ちょうど親指が首のうしろにきます。(首の筋肉をはさむ感じ。)

そこで首の下のほうから親指を上げていくと、首と頭蓋骨の境目で止まると思います。

その止まったところが『天柱』です。

 

 

刺激の仕方

f:id:the-tenkinzoku:20170215193936p:plain

 

  1. あぐらをかいて座り、お腹に力を入れて背筋をのばす
  2. 後頭部に手を組み、親指を天柱に合わせる
  3. 息を鼻から吸いながらゆっくり首を後ろにたおし、親指で首を支えるようにツボを刺激する
  4. 口から息を吐きながらゆっくり戻す

 

これを3~5回繰り返します。

 

効果

  • 疲労回復(特に精神疲労やストレス)
  • 首こりや肩こりを和らげる
  • 疲れ目
  • 抜け毛予防
  • 冷えの改善

などの効果が期待できます。

 

2.風池(ふうち)

 

ツボの場所

天柱の親指一本分ぐらい耳側へ、頭蓋骨沿いにずらしたところ。

天柱と場所が近いので、ぜひ一緒に覚えてセットで刺激したいツボです!

 

刺激の仕方

上と全く同じです。笑

こちらも3~5回の刺激で十分だと思います。

 

効果

  • 眼精疲労の回復
  • 視力の回復
  • 頭痛の改善
  • 脳の活性化

などの効果が期待できます。

 

 

 

まとめ

 

どちらも比較的分かりやすい場所にあって、気軽におせるツボだと思います。

上では「あぐらで座る」と書きましたが、それは「ピラティスのレッスンにおいては」ということです。仕事場のデスクに座っているときや、もちろん立っているときでも全然大丈夫です。ちょっと一息と、のびをするついでに行ってみるのもいいかもしれません。(立って行うときは、あまり頭を上げずに親指に力を入れた方が安全かもです。)

 

女性には特に嬉しい、お肌のたるみ防止にも効果があるという特典つきです!笑

 

私も実際この【2つのツボ】を押してみたら、頭がスッキリして驚きました!

もしお時間があれば、ピラティス的なツボの押し方も試してみてください。

鼻から吸って口から吐くという呼吸法だけでも、リラックス効果があるといわれています。

 

他にも色んなツボを教えてもらっているので、少しずつ紹介していきますね!