『転勤族』の嫁つづり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねず美にかじられて

『転勤族』あるあるや、日常に起こる様々な出来事をつづります。

新婚のうちに伝えたい!【式場見学のキーワード】~悔いのない結婚式を挙げるには~

結婚

 

どうも!結婚式のことをふと思い出し、ちょっぴりおセンチなねず美です。

 

『一生に一度』のことだから、女性にとって結婚式は特に大切なイベントですよね。だからこそ舞い上がってしまい、まわりが見えなくなってしまいがちではないでしょうか。

 

この記事では私が実際に去年体験した中で、今日は式場選びの注意点をご紹介していきます。

 

f:id:the-tenkinzoku:20170213145510j:plain

 

 

 

 式場を決めるときは、ネットや雑誌等である程度調べてから式場見学に行くと思います。軽い気持ちで行ってみると、ゴリゴリのセールスをされて怖くなってしまう人もいるみたいです。

 

式場見学へいく際の心構えとして(笑)読んでいただければと思います。

 

 

 

1.式場見学で注意する点

 

まずは式場を決めないと話がすすみません。ここで私が思うことはただひとつ。

絶対に妥協しないでいただきたいのです。式場に行って説明してくれるスタッフの方々は、全員営業というお仕事だということを忘れないでください。前記事でもふれましたが、私も元セールスウーマンでした。だからこそ、式場によってはものすごく『ノルマ』のようなものを感じました。スタッフの方もお仕事だから仕方がないのですが、そんな式場ではきっと心から満足のいく結婚式はあげられません!こんな話をされたら要注意!という項目をあげておきます。

 

特典の話ばかりする

 

とにかく式場側としたら、はやく決断してほしいわけです。たくさんの式場を見学されればされるほど、自分のところで挙げてもらう確立は下がりますからね。なので、自分たちの式場に自信がないところほど、特典の話ばかり聞かされたイメージがあります。笑

 

今日決めてくれたら○○%OFFですとか、お色直しのドレス代が半額だとか…それはそれは色々言われ、仮の見積書まで出してくれます。私たちの場合は500万円のところを今日決めてくれたら特典で400万円になるという感じでした。まず500万円もするの!?と驚かされ、さらに100万円も安くなるの!?と、金銭感覚がおかしくなってしまいそうですよね。こういった「○○してくれると、こんなにいいことがあります」は営業の常套句ですので、ご注意ください。笑

 

私が経験した中では、という言い方にはなってしまいますが、特典についてはどこの式場でも似たり寄ったりでした。(高級ホテルや高級レストランで式を挙げる場合や、神社などで挙げる場合は違ってくるかもです。)

しかも契約してからでも、交渉次第では特典を付けてもらうことは可能ですので、ご心配なく。笑

 

 

 

その他の注意ワード

 

特典以外にも注意すべきワードがありますので、まとめておきます。

 

  • 「絶対に幸せにします」
  • 「皆さん○○で挙げて本当によかったと言ってくれています」
  • 「だいたいの方が3件ほど式場をまわられて、8割の確率で1件目に戻ってこられます」
  • 「挙げたい日取りが空いていたら運命です」

  

上2つは式場のスタッフが言い切れる話じゃないですよね。笑

ネットの口コミ等を見たら、誰かは文句のひとつぐらい書いていますよ。私も実際言われたときには違和感をおぼえました。それと同時に、今月のノルマ達成厳しいのかなぁ~なんて、少し同情までしてしまいました。笑

 

下2つは本当にどこでも言われます。はいはいと流しましょう。真に受けたらダメですよ。本当にどこでも言われます。

 

私は納得いくまで、とことん見学に行きました。新婦1人で行っても友達と行っても全然大丈夫です!むしろ私は1人で行った方が色々きけて楽しかったです。笑

 

 

 

 番外編

 

  • (最近人気のガーデンテラスの式場で)「雨が降っても、逆にすごく雰囲気がでて特別感がありますよ」
  • 「ドレスはト○ートです」が3回以上会話に出てくる(笑)

 

4つめは私たちがジューンブライドだったので、雨の心配をしたときに言われた一言です。そんな特別感は私たちには必要ありませんでした。

 

5つめは、売りはそれしかないんかい!という感じですよね。笑

別にト○ートがどうこうという話ではなく、同じ内容をあまりにも繰り返されたら怪しいと思った方がいいのでは、ということです。

 

 どれも私のひねくれた意見ではありますが、これらを言われなかった(3つめは言われたかも。笑)会場に決めました。その式場はもともと第2か第3候補だったのですが、間違っていなかったと胸を張って言い切れます!

 

ちなみに第1候補だったところは、披露宴会場が想像していたよりも狭く、日程もナイトウェディングのみ可能ということでした。そんなことより、何よりも印象的だったのが、押し売り感のすさまじさです…。これからこんな感じの人達と、打ち合わせで何回も顔を合わすことになるのかぁと思うと、一気に萎えてしまいお断りさせていただきました。

 

式場見学ではスタッフの話はほどほどに、式場の雰囲気や披露宴会場の広さなどが自分たちのイメージに合かどうかを確認しましょう。

 

見学のときに対応してくれたスタッフがこれからの担当になるわけではないので、そんなに気にすることはないかもしれません。ただ、上で書いたような言葉をガンガン使ってくるような式場は、あんまりよろしくない噂を多々耳にしますのでご注意ください。

  

 

 

まとめ

 

たくさん嫌なことを書いてしまったと思います。むこうも商売なのね!と割り切っていただく第一歩になれれば幸いです。笑

 

きっと式場見学をし始めるぐらいで、1度は新郎様と大喧嘩することではないでしょうか。でも安心してください。本当の地獄はこれからです。笑

 

ですが、何度も言いますが『一生に一度』の結婚式です。たくさん悩んで、喧嘩をして、努力するからこそ、二人の結婚式が素晴らしいものになっていくのだと思います。今でも結婚式のことを思い出すと、胸がジーンとしますよ。これも悩んだり、苦しんできた成果なのだと思います。

 

その苦しみの第一歩が式場見学ではないでしょうか。ウキウキわくわくから一気に現実を突きつけられるかと思いますが、なんとかなります!笑

 

ご新郎様と一緒に乗り越えて、よりよい夫婦になる試練を乗り越えましょう!

 

 

the-tenkinzoku.hatenablog.com

 

 

the-tenkinzoku.hatenablog.com