『転勤族』の嫁つづり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねず美にかじられて

『転勤族』あるあるや、日常に起こる様々な出来事をつづります。

もう、うんざり!しつこいセールスの断り方

 

f:id:the-tenkinzoku:20170321151017j:plain

私は主婦になる前、営業のお仕事をしていました。

今もパートで営業チックなことをしているぐらい、営業というお仕事が大好きです。

大好きとはいえ、営業には『断られる』のがつきものなんですよね。

数えきれないぐらい断られてきてハートが強くなったせいか、『断られる』ことに楽しさまで感じてきた今日この頃。笑

 

『断られる』方より『断る』人の方が断然しんどいということに気付いたんです!

 

せっかく来てくれてるのに申し訳ないなぁとか、ノルマがあるだろうに大丈夫かなぁとか、ちょっとした罪悪感的なものが残ってしまうと思うんですよね。

お客様って本当に素敵な方が多いですから。

 

でも必要のないものは買いたくない!

何度来るなと言っても、チャイムが鳴ったらまたあのセールスだ!

もう、うんざり!

そんな無限ループから抜け出し、お互いにウィンウィンの関係(営業側は微妙なところですが…笑)を築く手助けができたら思い、今日もブログを書かせていただこうと思います。

 

 

 

1.お客様とセールスの感覚のズレ

 

これは意外と大きいと思います。

お客様にとってはたった一人のしつこいセールス。しかしセールス側にとったらたくさんの中の一人です。

 

あんなに怒って言いたいことも全部言ったし、もう来ないだろうと安心していたら平気な顔でまた来た!というのは、おそらくこれが原因だと思います。

 

どれだけ怒り散らかしても、セールスは怒られ慣れています。(お客様にも上司達にも。笑)

例えば、他の場所であなたよりキツく怒られてしまうと、あなたの怒りの印象がどんどん薄れてしまうんです。

だから平気な顔で再訪できてしまう。

 

セールス側としても、怒られてしまったぐらいで行けなくなったら訪問先がどんどんなくなってしまいますしね…。(怒られた時がチャンスと思っているセールスもいるぐらいです。)←私。笑

 

あなたが相当怒り散らさないかぎり、セールスはやまないでしょう。

気力も体力も使いますよね。

 

それなら、もっと視点を変えてみることをオススメします。

 

 

 

2.効果的なセールスの断り方

 

無視する

 

なんだ、そんなことか。と思われてしまったかもしれませんが、単なる無視ではありません。

ここからは少々性格の悪い話になりますが(笑)、電話がかかってきたら出ない。家に来ても出ない。これは普通の無視ですよね。

これで効果があれば、これにこした事はありません。

 

ただ、いくら無視をしてもまだ来る!しょっちゅう電話が鳴る!家の前で出てくるのを待っている!

こうなってきたら、この手を使いましょう。

 

電話がかかってきたら出る。そして何を言われても相手が電話を切るまで無視(無言)を貫き通す。(耐えられなかったら途中で切るのも全然ありです。)

これだけでだいぶ効果はあると思います。

いくらセールスとはいえ、傷付きますから。笑

リアクションしてもらえないというのは意外とキツいものです。

 

それでも家に来た!という場合は、明らかな居留守を使いましょう。

洗濯物を干し、思いっきりテレビを付けたままにするとか。

絶対いますがな!という状況で無視をする。

さすがのセールスも、相当嫌われてしまったなぁと反省することでしょう。

 

 

 

喋りたおす

 

上とは全く逆の手法です。

しつこいからといって、セールスも暇なわけではありません。成果ゼロで会社に戻れば、それはそれは怒られるでしょう。

 

セールスは限られた時間の中で、より多くの成果をあげなければならないのです。

 

それを逆手にとって、電話がかかってきたらとにかく喋りましょう。セールスが話す隙がないぐらい、喋って喋って喋りまくるのです!

しんどいとは思いますが、効果絶大です!

セールスできなければ電話をかけた意味がありませんからね。笑

 

訪問してきた場合も同じです。

そんなに喋れない…。と思ってしまうかもしれませんが、たった1、2回頑張るだけでグッとセールスからのアクションは減りますよ。喋り続ける自信がなければ、お茶のおかわりを入れたり、お菓子をだしたり、テレビを見たりと帰るタイミングを失わせるのもいいでしょう。

 

それだけ営業にとって時間は大切なのです。

 

 

 

3.まとめ

 

少し心苦しいかもしれませんが、これから断り続けたくなければ頑張るしかありません。

たった一度だけ、心を鬼にすればいいのです。

 

セールス側も断られることには慣れていますが、やっぱりツライものです。

 

きっぱり断ってもらった方がお互いが傷付く回数も減らせますし、あなたにさいていた時間を他のお客様に使えるようになります。そのお客様がもし喜んで話をきいてくれる方だったら、頑張って断ったかいがありますよね!

セールスもきっと喜んでいるはずです。

 

そしてもし、これから先興味が沸いたり、ちょっと話をきいてみようかな…と思ってもご心配なく。何も考えずに、電話してあげてください。

これ、本当に嬉しいんです!

一度無視してしまったし、あんなに怒ってしまったし等々、なにも気にする必要はありません。

 

セールスはきっと、いつでもあなたをお待ちしております。笑