『転勤族』の嫁つづり

ねず美にかじられて

『モッツァレラチーズはどこへ消えた?』

歯列矯正を徹底比較!私がインビザラインを選んだ理由

f:id:the-tenkinzoku:20170322153634j:plain
 
どうも。ねずみっ歯だった、ねず美です。
 
ずーっと矯正したかったんですけど、針金みたいなワイヤーをつけるのが嫌で踏み出せませんでした。ワイヤーを前につけるか後ろにつけるかぐらいしか、方法もないと思っていたんですよね…。
 
本気で矯正を考え始めた頃、わたしはまだ働いていました。
それもバリバリの営業職です。 
営業は見た目の印象も大切ですし、当時26歳ぐらいだったので、花の20代にわざわざ…と思ったりもしました。(当時は結婚していなかったので特に。笑)
 
歯並びが悪いことがコンプレックスなのに、それをより目立たせちゃうような気がして、なかなか決心できずにいました。
 
それに仕事中にお客様とお食事をしたり、お茶菓子におまんじゅうを頂いたりと、慣れない矯正器具をつけて普段どおりの生活ができるかどうか、とても不安でした。
 
でも綺麗な歯並びへの憧れは消えず、どんどん増していくばかり。
ふと思いたって調べてみたら、インビザラインを発見したのです!
 
それからすぐにインビザラインを扱っている歯医者さんを巡りました!笑
 
インビザラインはどんな症例にも対応できるわけではないそうです。
私が数々の歯医者さんで言われたことを、まとめていきたいと思います!
歯列矯正を考えている方には、一度目を通していただくことをオススメします!
 
 
 

 

<スポンサーリンク>

 

 

1.歯列矯正の種類

 
歯列矯正には大きく分けて4種類あると言われました。
 
1.普通矯正
2.舌側矯正(リンガル矯正)
3.差し歯
4.マウスピース矯正(インビザライン
 
 

普通矯正

最もポピュラーなものです。歯の表面に針金のようなワイヤーをつけて矯正していく方法です。
今は、いかにも!という銀色の針金の他に、白や透明の目立ちにくいもの、中にはオシャレな色つきのもの等もあります。やっぱり見た目が…と思う方が多いからでしょうね。
 
メリット
  • 歯医者さん側の自由度が高い
  • どんなケースでも対応しやすい

 

デメリット
  • すぐ矯正しているとバレる
  • 食事の際、器具についたりはさまったりする

 

私の場合、どこの歯医者さんへ行っても3本抜歯が必要とのことでした。抜歯が必要な場合は、この普通矯正が一番早く、確実に矯正できると言われました。

 

「透明な器具もあるのでどうですか?」と言っていただいたところもあったのですが、よく見ると一本の針金に透明な装置がついているという感じだったんです。いくら透明で目立ちにくいとはいえ、どうしてもその銀色の横線が入るのが嫌だったので、私はお断りしました。

 

  

舌側矯正

普通矯正のワイヤーを舌側(歯の裏側)につける矯正です。リンガル矯正ともいいます。上下両方とも舌側につけたり、見えにくい下だけ表側につけたり(少しお値段が安くなる?)と、工夫することができるところもあるそうです。
 
メリット
  • 裏側なので見えない(矯正していることがバレない)
  • 普通矯正なみの矯正力がある
 
デメリット
  • しゃべりにくい
  • 歯磨きしづらい
  • 費用が高い

 

歯医者さんに営業職であることを相談していたので、そういう方には喋りにくくなるからオススメできないと言われました。お電話での営業活動もあったので、私の場合は滑舌が悪くなると致命的だったんです。
 
実は費用がとてつもなく高くなるので、もともと候補には入れていませんでした。笑
 
食べるのも大変で、自分でしっかり歯磨きできないのはちょっと嫌だなぁというのが、私の正直な感想です。
 
綺麗になるために矯正をして、虫歯ができたらもともこもないですからね!
 
 
 

差し歯

これは響き的にも、矯正というより奥の手です。笑
気になる部分の歯を芯だけ残すように削り、その芯に歯並びがよくなるように差し歯をはめていくという手法とのこと…。(書いてるだけで恐ろしい。笑)
 
よく芸能人の方とかがしているらしく、手っ取り早く歯並びをよくしたい人向けだそうです。デビューが決まったら2年も3年も時間をかけていられませんからね。
 
メリット
  • 完成までの期間が最も短い
  • 抜歯する必要がない

 

デメリット
  • 約10年毎に差し歯の交換が必要
  • 歯医者さんいわく、「やってるな」とすぐ分かる(笑)
 
実はこの方法、本当に奥の手なんです。笑
私が歯医者さんで、インビザラインがいいんですぅー!とダダをこねていたら、あなたの場合は3年以上かかると言われたんです。 そんなに待ってらんないですぅー!とさらにダダをこねた結果、しぼり出してくれた答えがこれでした。笑
 
せっかくですが、お断りさせていただきました。笑
 
メリットに抜歯する必要がないと書きましたが、ほぼなくなるぐらい削っとるやないかい!って感じですよね。
 
 
 

マウスピース矯正(インビザライン

 
私に一番マッチしたのは、やはりインビザラインでした!ただ歯医者さんと相談したら、いくつか条件をあげられました。(メリット、デメリットは前記事参照♪)
 
 
条件といったら少し大げさかもしれません。注意点という感じですかね。私がお願いすることになった歯医者さんでは、以下のような条件が書かれた書類があり、サインを求められました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 
  • 普通矯正が100点だとしたら、90点ぐらいの完成度になるかもしれない
  • 完成までの期間がのびる
  • マウスピースだけでなく、たまに他の装置をつけることがあるかもしれない
 
 
それでもよければ、インビザラインでもできるよと歯医者さんも言ってくれたので、私はインビザラインに決めました!
 
即決はできませんでしたけど(笑)
 
1つめはまだ完成していないのでなんとも言えませんが、2つめは今3年目に突入しているので、確かに期間はのびていると言えるでしょう。
 
 3つめですが、実際今は寝るときだけ下側に目立つ装置をつけています。あれだけ嫌だった針金みたいな装置です。寝るときだけだから許す。笑
今回からなので、最後の帳尻あわせという感じでしょうか。
 
 
 

まとめ

 

憧れの歯並びを手に入れるためには、3本も抜歯しないといけないということが分かった時点で、正直あきらめかけました。わたし、生まれてから今まで虫歯がないことだけが自慢で(笑)、その元気な歯を3本も抜かないといけないのか…と思うとだいぶ躊躇してしまいました。
 
でも歯並びがコンプレックスで、笑う時は必ず口元を手で隠していたんですよね。これから先もこうやって生きていくのかと思うと…。悩んで悩んで悩みぬいた末、通帳を見たらギリギリ矯正できるかできないかぐらいの残高!笑
 
もうこれは矯正しろってことだな!いっちょ自分へのご褒美でやってみるか!ということで決断いたしました。今は本当にしてよかったと、胸をはって言い切れます!
 
ひとつコンプレックスがなくなるって、ほんと大きい!
 
インビザライン歴3年目の私はついに、ラストスパートです!次に歯医者さんへ行くのも半年後でいいそうです!
 
最後の装置の型をとりおえて、あとは郵便で届くのを待つのみです!それがきたらもう日中は何も付けなくてもいいそうな!感激!
 
郵便受けを見るたびドキドキ、ねず美でした。
 
 
 
 パンツがやぶれるときもあるさ。

『ねずみのねずくん』 LINE STORE URL

http://line.me/S/sticker/1405692

f:id:the-tenkinzoku:20170325153452p:plain